\ ¥ 5,000 이상 쇼핑으로 무료 배송 /
기 고 를 한 사람 에 게.¥300 할인 쿠폰 선물!
0 장바구
나는 수레에 들어갔다.
    장바구니 점의 상품이 있습니다.
    장바구니 1의상품이 있습니다.

    【読売新聞 ”解決するファッション 社会をより良く 私たちのブランド”の記事にPICHU PICHU TOKYOが掲載されました!】

    【読売新聞 ”解決するファッション 社会をより良く 私たちのブランド”の記事にPICHU PICHU TOKYOが掲載されました!】

    2021年11月18日 (木) の読売新聞 【解決するファッション 社会をより良く 私たちのブランド】の記事にPICHU PICHU TOKYOの活動が掲載されました! 記事では、「大好きなファッションで雇用を促し、子供の教育機会を確保する」といったピチュ ピチュ トウキョウのディレクター 大藏 牧子の力を込めたメッセージなどが紹介されています。

    ※以下記事抜粋ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     「大好きなファッションで雇用を促進し、子供の教育機会を確保する」。

    子ども服ブランドのピチュピチュトウキョウを創設した大藏 牧子は力を込める。大手アパレルに勤めていた12年に長女を出産。産休、育休中に両親が住む鹿児島県の沖永良部島を訪ねるうちに、島の子育て事情を知った。

    子だくさんも多いが、働く場は少ない。高等教育受ける場合には島外に出るため、学費に加えて生活費の負担も大変。厳しいやり繰りをしている知り合いが増え、「何とかしたい思いが強くなった」。

    18年に退社し、島の空き家に工房を開いた。子育て世代の母親らに生地の裁断や縫製方法などを教え、19年にブランドを設立した。現在のスタッフは10人。

    色豊かなインド綿の生地で、赤ちゃん用のスタイ(よだれかけ) やブルマ、パジャマなどを手がける。大藏は「大きな収入ではないかもしれないが、習い事に通えるようになった家もある。子どもの服だけでなく、子どもの未來をつくる事業」と話す。

    【繊研新聞 ”記者の目 継続性のある真の支援を”の記事にPICHU PICHU TOKYOが掲載されました!】

    【繊研新聞 ”記者の目 継続性のある真の支援を”の記事にPICHU PICHU TOKYOが掲載されました!】

    2021年7月5日 (月) の繊研新聞 「 記者の目 継続性のある真の支援を」の記事にPICHU PICHU TOKYOの活動が掲載されました!

    記事では、「子供を取り巻く社会問題に向き合う」として、子供の7人に1人が貧困状態にある現代では、子供服・子供関連企業でもSDGs (持続可能な開発目標)への取り組みが盛んとなっており、日本の子供を取り巻く社会問題に向き合う企業の事例を紹介されています。

     

    ※以下記事抜粋ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

     

     母親の雇用促進も

    教育機会の地域間格差が問題になるなか、離島で女性の雇用促進に取り組むブランドもある。

    19年に子供服の「ピチュピチュトウキョウ」を立ち上げた大蔵牧子ディレクターは、出産を機に両親がUターン移住した鹿児島県沖永良部島を訪ねるようになり、島の雇用の機会の少なさを知った。平均3人の子供がいる家庭がほとんどで、時給の低いパートを三、四つ掛け持ちして生計を立てたり、高等教育を受けるためには島から出たりしなければならず、奨学金を背負っての進学となるなど、「子供の教育機会が失われている現状を目にした。」

    そこで島に自社工房を開設し、女性たちに縫製技術を教え、ブランドを立ち上げた。時給は島の平均より100円高く設定。

    値下げ販売する必要がないギフト向けとして、スタイやブルマなどに限定して技術を磨き、大人用のパジャマまで広げた。

    工房は高齢者と子育て世代の交流の場としても機能。働く女性たちからは「沖縄に行って服が買えるようになった」「習い事に通わせられるようになった」といった声がよせられている。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    【繊研新聞 1 面にPICHU PICHU TOKYOの活動が掲載されました!】

    【繊研新聞 1 面にPICHU PICHU TOKYOの活動が掲載されました!】

    2021年7月2日 (金) の繊研新聞 1 面に、「離島の女性の雇用を促進」としてPICHU PICHU TOKYOの活動が掲載されました!

     

    ※以下記事抜粋ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    女性の雇用を促進し、子供たちに教育の機会をー。

    19年にスタートした子供服の「ピチュピチュトウキョウ」は、鹿児島県沖永良部島に自社工房を持ち、島に住む子育て世代の女性と年配者の雇用を創出している。

    ファウンダー兼クリエイティブディレクターの大蔵牧子さんは、元「トッカ」のブランドディレクター。出産を機に両親がUターン移住した同島を訪ね、雇用機会の少なさを知った。

    そこで、島に自社工房を開設し、女性たちに縫製技術を教え、商品化できる水準に達したところでブランドを立ち上げた。

    商品は華やかな色柄のテキスタイルが特徴。「子供のころの、色からくる幸せの記憶になれば」との思いがある。

    テキスタイルは、児童労働していない工房を選び、ベビー商品は沖永良部島の自社工房、キッズドレスはレースデザインと製造の老舗エンラージ、バッグは「リッチーエブリデイ」のウガンダの直営工房で生産をしている。

    今では、子育て世代以外の大人のファンも増え、自社工房は高齢者と子育て世代の交流の場としても機能する。

    工房で働く女性たちからは、「沖縄に行って服が買えるようになった」「子供を習い事に通わせられるようになった」と喜びの声があがる。

    ブランドの成長に合わせ、社員化や同様の問題を抱える地域での工房開設を目指している。

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    【오리콘 뉴스 웹 출판 정보】

    【Oricon News Web掲載情報】 | PICHU PICHU TOKYO

    5/26 에서 PICHU PICHU TOKYO 많은 새로운 패턴이 인기있는 아기 선물 품목에 재고가 있습니다!
    14 개의 인쇄물은 모두 여름 스타일에 적합합니다.
    집에서 즐거운 시간을 보내면서 선택하십시오.
    https://pichupichu.tokyo/pages/pichupichutokyo_bib-bloomer_babygift?ls=ja
     

    ■고령자 비율이 높은 지역의 고용 촉진


    PICHU PICHU 도쿄에 종사하는 생산 활동의 목적 고용을 촉진하고 지역산업 활성화가 지역의 비율이 높은 여자와 노인이 필요한 고용을 지원합니다.아기 용품은 인구 1 만 3 천명의 오키 노에 라부 섬의 외딴 섬의 여성들이 만듭니다.세심한 바느질로 마음이 가득 찬 아이템을 전달하고 미소의 원을 연결할 수 있기를 바랍니다.

    ■일본 검사기관의 기준을 통과한 자이푸르의 인도 면직물

    소중한 아기를위한 안전하고 안전한 재료.우리는 엄마와 환경에 친절한 재료를 선택합니다.자이푸르의 속건성,터치 친화적 인 인도면으로 만들어졌으며 뒷면은 부드러운 촉감의 유기농면 거즈로 만들어졌습니다.먹을 때는 면 거즈면을,사진을 찍을 때는 인쇄면을 사용하여 즐길 수 있습니다.

    ■"색의 기억"을 컨셉으로 한 다채로운 아이템"

    중요한 사람에게 줄"기억에 남는"선물을 선택하십시오.출생 축하 및 기념일을 위해 줄 선물에 완벽한 다채로운 품목.그림과 같은 색깔의 아이템을 입은 아기와 함께 보낸 시간은 평소보다 더 밝고 부드럽습니다.
    는 부드러운 것입니다 시간에 축적되는 아기의"메모리의"주식,그리고 그것은이 될 수 있는 기회를 기억하는 중요한 사랑한 시간에서 어떤 시점에서 먼 미래입니다.

    컬러 메모리

    피추 피추 도쿄

    피추 피추 도쿄

    피추 피추 도쿄