\¥5,000以上のお買い物で配送無料 /
If you post a review ¥ Get 300 off coupons!
0 Cart
Added to Cart
    You have items in your cart
    You have 1 item in your cart
    Total

    【読売新聞 ”解決するファッション 社会をより良く 私たちのブランド”の記事にPICHU PICHU TOKYOが掲載されました!】

    【読売新聞 ”解決するファッション 社会をより良く 私たちのブランド”の記事にPICHU PICHU TOKYOが掲載されました!】

    2021年11月18日 (木) の読売新聞 【解決するファッション 社会をより良く 私たちのブランド】の記事にPICHU PICHU TOKYOの活動が掲載されました! 記事では、「大好きなファッションで雇用を促し、子供の教育機会を確保する」といったピチュ ピチュ トウキョウのディレクター 大藏 牧子の力を込めたメッセージなどが紹介されています。

     

    ※以下記事抜粋ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     「大好きなファッションで雇用を促進し、子供の教育機会を確保する」。

    子ども服ブランドのピチュピチュトウキョウを創設した大藏 牧子は力を込める。大手アパレルに勤めていた12年に長女を出産。産休、育休中に両親が住む鹿児島県の沖永良部島を訪ねるうちに、島の子育て事情を知った。

    子だくさんも多いが、働く場は少ない。高等教育受ける場合には島外に出るため、学費に加えて生活費の負担も大変。厳しいやり繰りをしている知り合いが増え、「何とかしたい思いが強くなった」。

    18年に退社し、島の空き家に工房を開いた。子育て世代の母親らに生地の裁断や縫製方法などを教え、19年にブランドを設立した。現在のスタッフは10人。

    色豊かなインド綿の生地で、赤ちゃん用のスタイ(よだれかけ) やブルマ、パジャマなどを手がける。大藏は「大きな収入ではないかもしれないが、習い事に通えるようになった家もある。子どもの服だけでなく、子どもの未來をつくる事業」と話す。

    【繊研新聞 ”記者の目 継続性のある真の支援を”の記事にPICHU PICHU TOKYOが掲載されました!】

    【繊研新聞 ”記者の目 継続性のある真の支援を”の記事にPICHU PICHU TOKYOが掲載されました!】

    2021年7月5日 (月) の繊研新聞 「 記者の目 継続性のある真の支援を」の記事にPICHU PICHU TOKYOの活動が掲載されました!

    記事では、「子供を取り巻く社会問題に向き合う」として、子供の7人に1人が貧困状態にある現代では、子供服・子供関連企業でもSDGs (持続可能な開発目標)への取り組みが盛んとなっており、日本の子供を取り巻く社会問題に向き合う企業の事例を紹介されています。

     

    ※以下記事抜粋ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

     

     母親の雇用促進も

    教育機会の地域間格差が問題になるなか、離島で女性の雇用促進に取り組むブランドもある。

    19年に子供服の「ピチュピチュトウキョウ」を立ち上げた大蔵牧子ディレクターは、出産を機に両親がUターン移住した鹿児島県沖永良部島を訪ねるようになり、島の雇用の機会の少なさを知った。平均3人の子供がいる家庭がほとんどで、時給の低いパートを三、四つ掛け持ちして生計を立てたり、高等教育を受けるためには島から出たりしなければならず、奨学金を背負っての進学となるなど、「子供の教育機会が失われている現状を目にした。」

    そこで島に自社工房を開設し、女性たちに縫製技術を教え、ブランドを立ち上げた。時給は島の平均より100円高く設定。

    値下げ販売する必要がないギフト向けとして、スタイやブルマなどに限定して技術を磨き、大人用のパジャマまで広げた。

    工房は高齢者と子育て世代の交流の場としても機能。働く女性たちからは「沖縄に行って服が買えるようになった」「習い事に通わせられるようになった」といった声がよせられている。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    【繊研新聞 1 面にPICHU PICHU TOKYOの活動が掲載されました!】

    【繊研新聞 1 面にPICHU PICHU TOKYOの活動が掲載されました!】

    2021年7月2日 (金) の繊研新聞 1 面に、「離島の女性の雇用を促進」としてPICHU PICHU TOKYOの活動が掲載されました!

     

    ※以下記事抜粋ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    女性の雇用を促進し、子供たちに教育の機会をー。

    19年にスタートした子供服の「ピチュピチュトウキョウ」は、鹿児島県沖永良部島に自社工房を持ち、島に住む子育て世代の女性と年配者の雇用を創出している。

    ファウンダー兼クリエイティブディレクターの大蔵牧子さんは、元「トッカ」のブランドディレクター。出産を機に両親がUターン移住した同島を訪ね、雇用機会の少なさを知った。

    そこで、島に自社工房を開設し、女性たちに縫製技術を教え、商品化できる水準に達したところでブランドを立ち上げた。

    商品は華やかな色柄のテキスタイルが特徴。「子供のころの、色からくる幸せの記憶になれば」との思いがある。

    テキスタイルは、児童労働していない工房を選び、ベビー商品は沖永良部島の自社工房、キッズドレスはレースデザインと製造の老舗エンラージ、バッグは「リッチーエブリデイ」のウガンダの直営工房で生産をしている。

    今では、子育て世代以外の大人のファンも増え、自社工房は高齢者と子育て世代の交流の場としても機能する。

    工房で働く女性たちからは、「沖縄に行って服が買えるようになった」「子供を習い事に通わせられるようになった」と喜びの声があがる。

    ブランドの成長に合わせ、社員化や同様の問題を抱える地域での工房開設を目指している。

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    [Oricon News Web publication information]

    【Oricon News Web掲載情報】 | PICHU PICHU TOKYO

    A lot of new patterns are received to a baby gift item of the PICHU PICHU TOKYO popularity from May 26!
    Only as for all things that 14 pattern all the prints which there is are good to Somers tile.
    Please choose him slowly and carefully in a house although being a pleasure.
    https://pichupichu.tokyo/pages/pichupichutokyo_bib-bloomer_babygift?ls=ja
     

    ■Employment promotion in an area having high elderly person ratio


    "PICHU PICHU TOKYO" performs a woman needing working support and the employment promotion in the area that the elderly person ratio is high in, production activity for the purpose of local industrial activation. The baby item is produced by women of remote island Okinoerabujima of a population of 13,000 that aging advances. I send the item which was full of the heart by careful sewing and hope that the ring of the smile is connected.

    ■The Indian cotton dough which cleared the standard of the inspection organization of Japan from Jaipur

    The material which is safe relief for an important baby. I do select in material in consideration for a mom and environment. With comfortable Indian cotton with the quick-drying from Jaipur, the back side uses organic cotton gauze of gentle feel. I use a print side properly at the age of a photograph and can enjoy a cotton gauze surface at the time of meal.

    ■Colorful item with "the memory of the color" as a concept

    Selection of gift "left in the memory" to give an important person. The colorful items which are most suitable for a gift to give it on a baby gift and a memorial day. To the thing which I am brighter as for the time to spend with the baby who put on the item of the color such as the picture in the body, and is kind.
    As for the tender time, collect to the "memory" stock of the baby, and is important; may be a chance to be loved, and to remember time on the far-off future fifth.

    Memory of the color

    PICHU PICHU TOKYO

    PICHU PICHU TOKYO

    PICHU PICHU TOKYO